« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月28日 (日)

玉ねぎ・白菜・にんいく・なすの忘れ煮

10月もまもなく終わる。日中の畑作業には汗もでるが、朝夕は寒さを感じるときがある。パソコン・デスクに座ると足元が冷えてくる。ひざから下だけを暖める暖房器具が欲しい。こたつに座ってノートパソコンを操作すれば良いのだが、腰が痛くなるし、直ぐ横になるのでねむくなる。サンタクロースの長靴のようなものに電熱線を入れ、足先・足首・ふくらはぎあたりを暖かくする暖房器具が売り出されれば、すぐ購入するのだが・・・・・

写真をクリックすると、拡大表示します。

Img_2054 8月下旬に種蒔きしたミニ白菜は間もなく収穫出来そうだ。白菜は例年夜盗虫の被害をうけるのだが、今年は出没しない。

Img_2068 にんにくの芽が出揃う。園芸クラブの先生の教えの通り、元肥に苦土石灰と燐酸肥料をたっぷりと施した。

Img_2067 自家育苗の玉ねぎの植え付けも完了する。早生と晩生それぞれ200本ほど植える。冬季の乾燥する時期には根の張りを良くするため今年は水遣りをしよう。

Img_2045

Img_2049 夏野菜はなすだけが遅くまでがんばって実をつけてくれる。皮がたいぶ固くなってきたが実は美味しい。大鍋に沢山入れて昆布などと煮ているのを忘れる程しっかりと煮る「なすの忘れ煮」を時々作る。トロトロで味がしみて美味しい。

.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年10月11日 (木)

芋・落花生・空芯菜・レンジから揚げ

先の台風で、きゅうり・ゴーヤ・オクラなどは強風にあおられ、急に力を落してしまい諸行無常の響きありの状態。一方で収穫の秋でもあり、秋冬野菜の準備で忙しくも又楽しい時期。気候も良く園芸作業にはもってこいの時期だ。

Img_2012 さつま芋は好調。昔食料事情が悪い頃、ご飯の代用食で食わされたので、好きではなかったのだが、最近の芋は美味しい。

Img_2020 今年は日照り続きで心配していたが、落花生も好調だ。収穫したての生落花生を塩ゆでして食べると美味しい。これは生産者のみの特権だ。

Img_2016 これは空芯菜。今畑にある青菜はこれだけ。確かに茎は空洞になっている。テレビなどではもてはやされているが、味がいまいちだ。美味しい食べ方があるのかな?

Img_2015 種から育苗したミニ白菜。目下のところ順調。でも夜盗虫に食われると結球しないので、毎朝厳戒監視。葉の中心に新しい糞があると、必ず根元の土に中に敵は潜んでいる。

Img_2027

Img_2033 3グループある初級男の料理教室では、今月はS社の「♪レンジでチンするから揚げ粉♪」を試している。今回のグループはレンジから揚げにねぎソースをかけた一品。いつものように盛り付けがいまいちだが、味は中々のもの。家に帰って奥さんに指導する(?)なんて意気軒昂。弁当作りに忙しいママさんも是非お試しあれ・・・・

.

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 1日 (月)

そばの花見会に行く・・・

台風前の一日に、アグリセンター開催のそば畑の花見会に行く。こちらのセンターの販売するそば粉を、私達そば愛好会が毎月使用するので、そのご縁で・・・・

Img_1974 当日は上天気。一面に常陸秋そばの白い花が真っ盛り。結実が始まったばっかりで、台風が襲来すると収量がガタンと減るとのこと。台風がまともに来たのでどうなっているだろうか心配。

Img_1981 こちらでは、玄そばを真空にして保存するとのこと。空気を抜いた銀色パックが倉庫に山済み。パックはカチカチに固い。

Img_1980玄そばは 水分を少し高めで保存とのこと。こちらのそば粉を始めて使用したとき、通常通りで加水したらそば玉が異常に軟らかくなった。脱穀してそば粉にしたものも直ぐ真空パックするとのこと。

Img_1985 そば粉を真空パックする装置。我々は1kgにパックしたものを使用。

Img_1995 そば殻を沢山いただく。これで枕が沢山出来そうだ。

Img_2004 帰りには、こだわりのそば屋さんでご馳走になる。そば屋の主人のうんちくを聞くが、我々素人には別世界の話し。そば打ちを実演してもらったが、我々が40分を目指して打つそばをたったの10分で打つ。
なにはともあれ、上天気の楽しい一日でした・・・・

おじゃましたのは・・・
㈲イワセアグリセンター
茨城県桜川市
0296-75-1604

.

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »