2013年11月15日 (金)

農作業中の車上荒らしに注意!

農作業をしてる人の車をねらって、車上荒らしが頻発してるらしい。市民農園などで、多数の人が車を止めているところなどで被害が多いとのこと。農作業中も必ず施錠しておくことをお勧めする。スーパーなどでは必ず施錠すると思うが、まさか畑までとはと安心している方も多いのでは・・・・

Img_2512 かぶ、小松菜、ホーレンソウ、春菊、からし菜など少量多品種を蒔く。目下間引きながら利用しているが、霜が降りるころになると美味しくなる。

Img_2500_2 ねぎと玉ねぎの苗作りをする。いつものように玉ねぎの発芽率が低い。ねぎは来年春、玉ねぎはまもなく定植する。

Img_2502 にんにくは完全に発芽。

Img_2516 9月中旬蒔きの大根もまもなく収穫時期。以前は沢庵、壷漬けなどにも加工していたが、最近歯が弱ってきたので、作らなくなった。

Img_2513 白菜もぼつぼつ収穫時期。こちらはキムチ漬け、鍋物や煮物などに利用価値が高い。今年はどうやら夜盗虫の被害は少ない様子で豊作期待。

.

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月26日 (土)

ピアノのレッスン・秋野菜

Img_2485 75歳以上対象のピアノクラスに月2回参加して数ヶ月。はじめは右指だけだったが、最近は左指も使ったりする。キーボードでレッスンするが、宿題曲などをピアノで発表したりもする。その内舞台での発表会も予定されていて、そのときはグランドピアノを使用する。今からドキドキ
本ピアノクラスの名称は「ケボーノ」と決まる。ケボーノを反対から読むと・・・・・?

Img_2489

Img_2490

Img_2491 9月初め頃の種まき・苗に植え付け時期は極端の雨不足だったが、秋野菜もどうにか順調に。上からブロッコリー、白菜、かぶなど。例年は青虫や夜盗虫など襲来が激しいのだが、今年はさほどでもない。
台風26・27号の被害も当地ではなく、これからが楽しみの秋野菜・・・・・

,

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 1日 (火)

歌声喫茶・ブロッコリー・モロヘイヤ

あの暑かった夏が懐かしく想うほど朝夕は肌寒いほどになってきた。70歳後半となり、体内の水分が抜けて体温の調節力が弱まったためか、以前より暑さ・寒さがすぐ身に応えるようになった。

Img_2403 お茶の出ない歌声喫茶。毎年秋に公民館で開かれる。久しぶり大声・蛮声を出して1時間半「里の秋・・・」などを歌う。翌日喉が痛い。ご覧の通りオジサン・オバサンばかり・・・・

Img_2408 随分と楽しんだモロヘイヤも終わりになった。種が付きだした。この種には毒があるらしい。数年前には知らずに家畜に与えて事故が起きた報道がよくあった。

Img_2406

Img_2405 秋野菜のブロッコリーと大根も今のところ順調。大根は密に種まきし、徐々に間引きする。間引き菜も青菜として利用できるところが家庭菜園の良いところ。

Img_2411

Img_2412 2株植えてある伏見甘長が沢山なる。いつものようにオジサンが中華大鍋で甘辛く炒め煮にする。「伏見甘長」は名前のとおり辛くないのだが、今年は辛いのがときどき混じる。まさにロシアンルーレットだ。

.

.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年9月19日 (木)

玉ねぎの苗床・男の料理教室風景

中秋の名月の今夜、すばらしい満月が東の空に・・・・・
乱視ぎみのじいちゃんの目には、メガネを外すと真ん丸お月さんが横に二つに見える。
虫の音がかまびしいが、昔よく聞いた「スイッーチョン」と鳴く馬追えと「ガシャガシャ」と鳴くくつわ虫の鳴き声が最近聞かれないのがさびしい。

Img_2396 玉ねぎとねぎの種を蒔いたが、台風のあとお天気続きで苗床が乾燥しているので、芽が出るまで遮光をしている。

Img_2398 オクラを実の成長は早い。すぐバナナサイズになり、固くなり食べられない。乾燥するまでおいて種を取る。
昔戦時中、コーヒーの輸入がストップしたとき、種を焙煎しコーヒーの代りしたとのことだが、どんな味がするのかな?

Img_2383 ある日のじいちゃん作の昼食。きゅうりとベーコンの塩炒めとフレンチトーストを作る。昔「ご飯党宣言」をして朝昼晩ともご飯を食べていたが、このごろは変節(?)してパン食もときどき・・・・

Img_2395

Img_2387 男の料理教室の風景。生トマトがたっぷりのえびチリを作る。いろいろと手順に問題はあったが、見た目立派な一品が出来上がる。味もまあまあと自己満足?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 1日 (日)

ブログアップ再開

昨年暮れから春にかけて、体調不良と食欲不振が続き婦人科と小児科以外のいろいろの科を受診したり、庭で転倒して膝を打ち、足をひきずったりと散々の日々。体重は7kgも減少。
どうにか酷暑の夏を乗り切り体調も戻り調子。7月の健康診断の結果では、BMI・血圧・コレステロール・中性脂肪などは正常値圏内に。これは体重の大幅減少のお陰か・・・・・?
まだまだ暑い日々が続いているが、朝夕の虫の音はやはり秋の気配。野菜作りは秋野菜の準備に入る。

Img_2344 すでに白菜・ブロッコリーは種まき・苗の植え付けを済んでいるが、9月が秋野菜の本番で種を購入する。種も随分と高くなった。

Img_2342 庭先果樹のぶどうが沢山とれたのでジャムを作る。さほど手入れもしないのに、ぶどうは例年沢山とれる。

Img_2310

Img_2313 この時期キュウリが食べきれないほどとれる。これをスライスして塩をし、水気が出てからぎゅっと絞って冷蔵庫に、数日は保存可能。これを酢の物やサラダにたっぷりと・・・・・

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年10月28日 (日)

玉ねぎ・白菜・にんいく・なすの忘れ煮

10月もまもなく終わる。日中の畑作業には汗もでるが、朝夕は寒さを感じるときがある。パソコン・デスクに座ると足元が冷えてくる。ひざから下だけを暖める暖房器具が欲しい。こたつに座ってノートパソコンを操作すれば良いのだが、腰が痛くなるし、直ぐ横になるのでねむくなる。サンタクロースの長靴のようなものに電熱線を入れ、足先・足首・ふくらはぎあたりを暖かくする暖房器具が売り出されれば、すぐ購入するのだが・・・・・

写真をクリックすると、拡大表示します。

Img_2054 8月下旬に種蒔きしたミニ白菜は間もなく収穫出来そうだ。白菜は例年夜盗虫の被害をうけるのだが、今年は出没しない。

Img_2068 にんにくの芽が出揃う。園芸クラブの先生の教えの通り、元肥に苦土石灰と燐酸肥料をたっぷりと施した。

Img_2067 自家育苗の玉ねぎの植え付けも完了する。早生と晩生それぞれ200本ほど植える。冬季の乾燥する時期には根の張りを良くするため今年は水遣りをしよう。

Img_2045

Img_2049 夏野菜はなすだけが遅くまでがんばって実をつけてくれる。皮がたいぶ固くなってきたが実は美味しい。大鍋に沢山入れて昆布などと煮ているのを忘れる程しっかりと煮る「なすの忘れ煮」を時々作る。トロトロで味がしみて美味しい。

.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年10月11日 (木)

芋・落花生・空芯菜・レンジから揚げ

先の台風で、きゅうり・ゴーヤ・オクラなどは強風にあおられ、急に力を落してしまい諸行無常の響きありの状態。一方で収穫の秋でもあり、秋冬野菜の準備で忙しくも又楽しい時期。気候も良く園芸作業にはもってこいの時期だ。

Img_2012 さつま芋は好調。昔食料事情が悪い頃、ご飯の代用食で食わされたので、好きではなかったのだが、最近の芋は美味しい。

Img_2020 今年は日照り続きで心配していたが、落花生も好調だ。収穫したての生落花生を塩ゆでして食べると美味しい。これは生産者のみの特権だ。

Img_2016 これは空芯菜。今畑にある青菜はこれだけ。確かに茎は空洞になっている。テレビなどではもてはやされているが、味がいまいちだ。美味しい食べ方があるのかな?

Img_2015 種から育苗したミニ白菜。目下のところ順調。でも夜盗虫に食われると結球しないので、毎朝厳戒監視。葉の中心に新しい糞があると、必ず根元の土に中に敵は潜んでいる。

Img_2027

Img_2033 3グループある初級男の料理教室では、今月はS社の「♪レンジでチンするから揚げ粉♪」を試している。今回のグループはレンジから揚げにねぎソースをかけた一品。いつものように盛り付けがいまいちだが、味は中々のもの。家に帰って奥さんに指導する(?)なんて意気軒昂。弁当作りに忙しいママさんも是非お試しあれ・・・・

.

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月14日 (金)

にんにく・白菜・玉ねぎ

9月に入っても暑く雨無しの天気が続く。畑カラカラで秋野菜の種蒔きが出来ない。予報ではこの後も当分雨がない様子。プロはどうするのだろう?
夜は大分過ごしやすくなったが、昨夜は2時頃震度4の地震に飛び起こされる。その後小さな余震もあり、目が覚めてしまう・・・・

写真をクリックすると、拡大表示します。

Img_1834

Img_1837

Img_1849

にんにくは植え付けたが、未だ芽がでない。ポット育苗のミニ白菜は定植したが水やリの毎日、どうにか根付いている。玉ねぎやねぎは雨降りを待って種蒔きの予定・・・・・

Img_1852

Img_1842

Img_1851

モロヘイヤは葉先をつまんで、とりあえずゆでておく。この後おひたしやスープに実などに使う。初収穫のしょうがは味噌を付けてバリバリと、ビール(発砲酒)がうまい。夏の昼食はさっぱりとそうめんなどが多い。麺類の昼食はほぼオジサンの役目、盛り付けはたっぷりの氷と南天の葉などをあしらってビューティフルに・・・・

.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年9月 4日 (火)

待望の雨・喜寿の旅行

砂漠状態だった畑にやっと雨が振り、成りがいまいちだった夏野菜も又元気を取り戻した。まさに干天の慈雨。これからは秋冬野菜の準備で楽しくなる。

写真をクリックすると、拡大表示します。

Img_1732

Img_1733_2 日に数本の収穫だったきゅうりがどかっととれる。塩漬けにしておくほかない。オクラはスライスしてご飯に山盛りにして食べる。
育苗中の白菜も順調。畑も湿ったのでまもなく植え付けする。冬にはキムチ漬けなどに。

Img_1726

Img_1731 そば打ちグループは会員も増えて、益々活況を呈す。先輩の厳しくも優しい指導でメンバーの技量も着実にアップ中。下は先輩上級者の打ったそば。こうなるまでには、かなりの年月の研鑽が必要。

Img_1742

Img_1799

Img_1808 オジサンの77歳の喜寿の祝いに息子から那須旅行をプレゼントされる。
豪華な夕食にびっくり。でも頑張って完食、また太るかな。翌日は那須の御用邸の敷地の一部を利用したと言われる森の公園などを散策。近くの道路には警備のお巡りさんがチラホラ。動物公園ではかわいい小動物たちと戯れる。下はネット動画で有名なカピパラ。癒される。楽しかったが疲れた。酒量も落ちた。やはり歳だなぁ・・・・

.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年8月23日 (木)

新方式の焼きなすの作り方

残暑が続いているが、時折吹く風に秋を感ずることもある。関東平野のまんまん中の当地は日照り続きで畑はカラカラ状態。ポリタンクで水運びの毎日。
5月・6月・7月とそれぞれ5本づつ植えたなすが収穫の最盛期。糠漬け、汁のみ、煮物と大活躍だが、オジサン自慢の新方式(?)の焼きなす作りを紹介する。

写真をクリックすると、拡大表示します。

Img_1714 焼きなすの手順は、最初に直火で皮を真っ黒に焼き、皮をむくのだが、この方法だと焦げたなすは熱く皮をむくのが一苦労。それにむいたなすも何となく焦げ臭い。
そこでオジサンが研究・考案(?)したのが以下の手順。美味しい焼きなすが出来る。

Img_1710 まずへたを残してピーラーで皮をむく。それをラップして電子レンジにかける。我が家のレンジ(700W)で約7分。

Img_1711 蒸しあがったなすを直ぐ油をひかないフライパンなどで両面に良い焼き色を付ける。オーブントースターなどで焼いてもよいかも。

Img_1712 これを、竹串などで裂き、へたを切り落す。

Img_1713 焼きあがったなすは、好みの味付けで食す。冷たく冷やしても美味しい。我が家はもっぱら、しょうが醤油とかつお節をかけてさっぱりといただく。
逆転の発想で先に皮をむいておく。電子レンジなどを使うところがみそかな。家庭菜園でなすが沢山とれて困っている方、どうぞお試しを

Img_1702 こちら初級男の料理教室の実習品。キンキンに冷やした冷汁など。

.

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧